債権買取・管理・回収なら

債権買取.com

一般社団法人 日本ファクタリング業協会 会員

会員番号第00001号 地区番号東京都(2)第00001号

無料相談実施中

お気軽にお問合せください

事業承継・M&A

事業承継・M&Aなら、

 

企業存続のため、いかに事業そのものを承継するか、相続対策だけでなく、事業承継の本来の目的に合致できるコンサルティングサービスをご提供致します。

 

事業承継

後継者育成サポート
事業承継における、最重要、且つ難易度の高い課題等について、「経営者のサポート」「経営者の輩出」を目的として後継者に経営者として指導育成する境を案致します。

経営・技術指導の提供
投資経験から得たノウハウより役員、顧問の派遣とした管理体制のもと、企業の状況に合わせ後継者と一緒に経営をサポートする仕組みを構築致します。
経営者、役員会の参加、その他の人材派遣経営者としてコンサルティングサービスを展開し、後継者育成期間中に一時的に経営者とし参画、役員会の参加、その他の人材派遣をすることにより事業承継を円滑に行います。

事業継続によるM&A
後継者の候補者が不在の場合、M&Aを利用した企業の継続を実行支援致します。

企業が抱える問題点と課題

後継者サポート体制
事業承継にむけて、後継者が不在、後継者の能力が伴わない等の問題点を解決し、後継者をサポートする整備体制を構築することが不可欠です。

人材不足
承継全体の計画が準備不足のため、株式移動に係る資金の調達と金額が想定が出来ない等の事業承継に係る法令への対応や手法について専門知識を有する人材が不在である。

相続対策不足
相続税対策が行われていないため、納税資金の調達時期と金額の想定が出来ない。

マネジメント・バイアウト

マネジメント・バイアウト(MBO、Management Buyout、経営陣買収)は、会社経営陣が株主から自社株式を譲り受けたり、事業部門統括者が当該事業部門を事業譲渡されたりすることで、オーナー経営者として独立する行為野ことを言います。
経営陣による買収、他者買収への対抗策、「雇われ社長」として経営参画した者が自己所有化する場合など多様な場面で用いられ、会社商号や屋号などを継承する場合も多く、いわゆる「のれん分け」に用いられる場合もあります。

経営陣ではなく従業員が株式を譲受る場合EBO(Employee Buyout)、経営陣と従業員が共同で株式を譲受る場合MEBO(Management and Employee Buyout)、買収後に経営陣を外部から招聘するLBOMBI(Management Buy-in)と呼称します。
関係会社の独立 企業グループの中のある会社が、グループの経営戦略・経営方針の変更によって、グループから分離することになったときMBOの手法が用いられることがあります。

非公開会社化 上場企業について、機関投資家等に対するIRコストの高騰、さらには敵対的買収からの究極的回避策として、経営陣がMBOにより市場の株式を買い集め、上場を廃止し非公開(譲渡制限)とするケースも見られる。上場企業という価値を捨てることは、不合理なようであるが、被買収リスクから解放される、株価動向や、機関投資家の買い付けや放出、株主の意向に一喜一憂しなくて済むなどのメリットがあり、経営陣自身を含めて資金が豊富なため、市場から資金を調達したり、知名度を向上したりする必要性の少ない企業にとっては一つの選択肢といえます。

企業戦略の立案、組織改編

企業戦略の立案 組織改編
事業の特性、社内の風土等を考慮し、5年先、10年先の中期経営計画を立案します。

組織改編
中期経営経営に基づく戦略を見据えた組織再編により社員が成果を上げ易くする体制を提案、実行します。

組織改編後の実現に向けた実行
実現に向け上、下半期の計画実行を徹底した管理体制を構築します。

お問合せはこちら

       お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

03-6661-9301

受付時間:9:30~17:30(土日祝を除く)